大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

5暗くならない目隠しを設置したい

フェンスであればルーバー状のフェンス、もしくは透過効果のあるすりガラス調のポリカーボーネートを使った商品を選びます。ルーバーフェンスは可動式タイプを選ぶことで季節や時間により光の取り入れ方を調節できます。また植栽を利用すれば完全な目隠しとは言えませんが、アイストップ(目線が止まる)に期待できます。落葉樹は夏だと葉で影をつくり、冬は葉を落とし部屋の中に光を取り込みます。その際、目隠し効果が弱くなる場合、常緑樹と組合せて植えるのも一つの方法です。ブロック塀で目隠しの場合は、スリット(穴あけ)やガラスブロックを工夫して配置することで、暗くならないよう工夫し、素材や仕上げの色は明るい色を選ぶことで、その場が明るくなります。

施工例

このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ