大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

6手入れのしやすい木、虫のつかない木を提案して欲しい

皆様からのお悩みに応えるべく、新たに内容を更新しました!
当社の頼れる庭師達が、経験と知識でお悩みにお応えいたします。(当社内調べ)

手入れのしやすい木の「手入れ」とは、どんな意味でしょうか?

今回は、成長が遅い木・剪定が楽な木・成長中に樹形が整い比較的剪定回数の少ない木を庭師が選びました。

手入れのしやすい木(写真をクリックすると庭師からのひと言も見れます)

比較的成長が遅く、剪定もしやすいです by江淵

1位 ソヨゴ

暑さや湿気に強く夏場の管理が楽です by飛佐

2位 シマトネリコ

早期に樹形が整いゆっくり成長します by阿部

3位 ヤマボウシ

和洋どちらでも合わせれる木です by田中

4位 ハナミズキ

自然に樹形がまとまります by行政

5位 ベニバナトキワマンサク

虫のつかない木とは、どんな木でしょうか?

皆様もご存じの通り虫のつかない木は残念ながらありません。
ならば、虫のつきにくい木ではどうでしょうか?病害虫に強いそんな木を庭師から聞きました。

虫のつきにくい木(写真をクリックすると庭師からのひと言も見れます)

病害虫に強い常緑樹です by江淵

1位 オリーブ

成長が遅く日当たりを好みます by雅彦

2位 ブルーヘブン

強健な花木で病害虫が少ないです by江淵

3位 キンモクセイ

病害の少ない木です by阿部

4位 ヤマボウシ

花.実.紅葉と四季を感じられる木です by田中

5位 ハナミズキ

適材適所!東西南北それぞれに向いてる木はありますか?

四季や日光と関係して植物を植えるのには、個々に適した方角もあります。
当社の庭師達のオススメを東西南北に分類してみました。

東側ハナミズキ・シマトネリコ・ヤマボウシ・ジュンベリー・カエデ・エゴノキ・
コニファー類
西側ヤマボウシ・エゴノキ・シマトネリコ・オリーブ・シラカシ・カエデ・サルスベリ・
ナンテン
南側シマトネリコ・ヤツデ・コブシ・サルスベリ・キンモクセイ・カエデ・ヤマボウシ・
トウネズミモチ
北側アオキ・ナンテン・ソヨゴ・カクレミノ・クチナシ・オタフクナンテン

病害虫を防ぐ為には?

植える前に出来ること

  • 元気な木を選ぶ(健康な木は抵抗力がある)
  • 植物を密集して植えない(育った結果窮屈になり日差し不足、通風不足になる)
  • 植栽場所の条件を踏まえて樹種の選定をする。(日当たり向き重要)
  • 植栽時、土へ殺虫剤を混ぜて植込むと病気・害虫に強い木になるという教えもある。

植えた後に大切なこと

  • 定期的な薬剤散布。(害虫発生前の薬剤散布、展着剤の使用)
  • 空気の通りを良くする剪定。(病害虫の予防に大切)
  • 殺虫剤を入れた網袋を樹木に何ヶ所か吊るす。
  • 木の幹へ穴を開けて打ち込む点滴剤は効果的。
  • 植木の量を調整して風通しをよくする。

※必ずしも病害虫がなくなるという事ではありません。

本来、植物には自身を守る力と自己治癒力が備わっています。
それぞれを適材適所へ植栽し、健康な状態を維持すれば、虫や病気に強くなり、結果的に手間の掛りにくい木に成長してくれますが、
やはり!定期的な剪定や薬剤散布は、樹形と樹木の健康管理する為には大切なポイントです。
植栽は、周囲の環境・土壌・風通しなどの現場調査が必要となります。木々のお手入れやお庭のご相談等の、お問い合わせを心よりお待ちしております。

豊中営業所 樽井雅彦

豊中営業所 樽井雅彦

施工例

このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ