大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

Action Dream Garden ハヤトの奮闘日記

Action Dream Garden ハヤトの奮闘日記

適度な目隠しフェンス

こんばんわ

最近は蒸し暑い日が続いてますね

ジメジメ嫌ですね

弊社外構スタッフも夏服ができ以前より

暑さは軽減されました

熱中症に気を付けて熱を乗り越えましょう

 

今日は目隠しフェンスに付いて

お問い合わせでも多い内容ですね

目隠しと言っても高さはどれくらいにしたらいいのか

分からないと思います

一般的に私たちが説明する場合は

H1600mm〜H2000mmですとご説明します

見えなくしたい程度によって上記の範囲でお勧めします

完全に見えなくしたいという事でしたらH2000mmとなりますが

設置する場所のスペースによっては圧迫感が出てきます

そのあたりも含めて高さは検討する必要があります

また、この高さはお庭の高さを基準にするのか

家の中から見たときの目隠しにするのかでさらに高さは変わります

室内からですとお庭よりもさらに400mm〜550mm高くなってますので

お庭からするとH2000mm〜H2550mmとさらに高くなり圧迫感も増します

圧迫感を和らげるためには少し隙間を作るなどの工夫も必要です

こちらの現場は約2500mmの高さのフェンスです

こちらの現場は縦格子フェンスで透け感を出しながら目隠しをしてます

こちらは完全な目隠しの現場です

お庭部分に+Gで目隠しをしてます

また目隠しフェンスをすることで防犯の事も考えることも必要です

あまり高くし過ぎると中に人がいててもわからなくなり

防犯上悪くなる点もあります

十分に検討の上目隠しをする必要があります

ご相談は弊社まで!!

  • vol.2 目隠しフェンス特集 〜使い方・選び方を解説〜
 

コメント

樽井 勇人

毎日お客様の笑顔と夢を形にするために日々頑張っております。営業・現場管理、時には現場で作業することも。ブログでは日々の出来事や工事中の現場写真などアップしております。

Archive

このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ