大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

HOME > 冷房病・熱中症予防のための暑さ対策! シェードや軒の取り付け

冷房病・熱中症予防のための暑さ対策! シェードや軒の取り付け

2017.08.08

冷房病・熱中症予防のための暑さ対策

夏場の電気代節約や、冷房病対策に有効な「シェード」「オーニング」「軒」

夏場の電気代節約や、冷房病対策に有効な「シェード」「オーニング」「軒」

「猛暑」「酷暑」と言われるほど、日本の夏、特に都心部の夏は高温多湿で過ごしにくい気候です。じっとしていてもうだるような暑さなので、エアコンが欠かせません。
しかし、エアコンにばかり頼っていると電気代が心配ですよね。エコの観点から見ても、なるべく使用量を抑えたいものです。実は、夏場の電気代は総使用量は冬場よりも少ないと言われていますが、昼間のピーク時に使用する電力は年間最大であり、一般家庭の場合、消費電力の半分以上をエアコンの電気代が占めています。

「冷房病」による健康被害も

また、冷たいエアコンの風に当たり続けることで、冷え性や頭痛など、身体に様々な不調をきたす「冷房病」になってしまう場合もあります。
節電、健康のどちらの観点からも、「夏の暑さ対策は冷房だけに頼らない」ということが大切なのですが、暑さを我慢することは熱中症リスクに繋がってしまいます。
エアコンに頼らず部屋の温度を下げるためには、「シェード」「オーニング」といった、夏の強い日差しを遮るアイテムを窓に取り付けましょう。現代では後から取り付けることのできる製品がありますので、今日から暑さ対策をすることができ、効果を実感して頂けます。

日本家屋は、軒(のき)や庇(ひさし)が暑さを和らげていた

日本家屋は、軒(のき)や庇(ひさし)が暑さを和らげていた

伝統的な日本家屋は、軒(のき)や庇(ひさし)が大きく張り出しているのが特徴です。つまり、屋根の軒先が、建物の壁部分よりも大きく張り出している形をしています。 現代の家では、土地の大きさの問題や、デザインの問題などで、軒の短い家や、軒のない家(箱型の家)が多いです。
確かに、スタイリッシュなデザインは今の時代に合っているかもしれませんが、先人が何百年も築き上げてきた伝統的な日本家屋の形には、住みやすい工夫が随所になされています。

夏の太陽は高い位置にあるので、長い軒があると部屋の奥まで強い日差しは入り込むことができません。家の中に暑い日差しが入らないので、ひんやりと気持ちよく過ごすことができます。
対して、冬の太陽は低い位置にあるので、長い軒があっても部屋の奥まで暖かい光を取り込むことができます。

このように、長い軒は、夏は日差しを遮って涼しく、冬は陽の光を取り込んで暖かく過ごせる機能が備わっており、四季がはっきりしている日本の風土に適しているのです。

「シェード」を後から取り付け。暑さを和らげる現代の工夫

「シェード」を後から取り付け。暑さを和らげる現代の工夫

「シェード」を後から取り付け。暑さを和らげる現代の工夫

現代の家、特に都市部の家では軒を大きくすることは難しいですが、現代の家には、後から取り付けることが可能なシェードを取り付けて、夏の日差しを遮る方法があります。

シェードとは、窓の外につけるロールカーテンのようなもので、強い日差しが室内に入り込むのを防ぐことができます。
例えばリクシルの「スタイルシェード」は、工事時間は最短30分で、暑さと冷房費の悩みを一度に解決することができます。忙しい方でもこれならお手軽に暑さ対策ができますね。
太陽の熱を約83%カットするので、室内の冷房効率も上がり、電気代の節約につながります。さらに、紫外線も約94%カットするので、日焼け対策にもオススメです。お肌はもちろん、家具やフローリングの日焼けも抑えられます。
さらに、リクシルの「スタイルシェード」は色褪せや劣化に強い素材を採用しているため、取り付けた時の真新しい状態が長く続きます。シェードは色褪せて時間が経つと見た目がちょっと…と言うお悩みも無縁です。外からの視線もある程度防いでくれるので、道路に面している窓にもオススメです。カラーバリエーションも豊富なので、家の外観のデザインに合わせてお選びいただけます。

シェードと似たようなものにオーニングがありますが、オーニングは窓の上に布製の屋根がついたような形です。オーニングもシェードと同じように日よけ、節電効果がありますが、取り付けはシェードより複雑で、費用は大きく、工期は長くなる傾向があります。
また、より簡易的な日よけとしてすだれがあります。すだれは、工事なしでお手軽に取り付けられますが、見た目や耐久性はシェードの方が優れています。日本家屋の場合はすだれの方が風情があって良いかもしれませんが、現代の家ならやはり、取付方も自由自在で耐久性もデザイン性も優れた、リクシルの「スタイルシェード」がオススメです。

現代の家でも取り付けられる軒。屋内だけでなく、屋外も涼しく

現代の家でも取り付けられる軒。屋内だけでなく、屋外も涼しく
株式会社LIXIL:エクシオールジーマ

土地が狭く、直下がデッドスペースとなってしまう軒を取り付けたくないと言う意見が、軒のない「箱型の家」普及の一因です。
しかし、逆に考えれば、軒下を有効活用することさえできれば、軒を取り入れるデメリットは解消されます。

今は、庭にガーデンルームを施工する事例が増えています。ガーデンルームがあると、室内と庭の距離が近くなり、外に出る機会が自然と増えます。ガーデニングがお好きな方には、ガーデンルームを背景としてお庭の緑を演出する方もいらっしゃいます。

そこで、ガーデンルームに対し、日本の古民家のような大きな軒を組み合わせたものがリクシルの「ZIMA軒プラスタイプ」です。日本家屋の軒は、後から付け足すことが難しいですが、軒プラスはガーデンルームの躯体を利用し後付けが可能な製品です。
軒を取り付けることで軒下が生まれ、庭との距離が近くなります。また軒下は日差しが当たらないので、大阪のような気温の高い都市部でも、昼下がりのひとときをお庭で楽しむことが出来るようになります。
さらに、部屋に差し込む強い日差しを軒が遮ってくれるので、室内の環境も快適になります。エアコンの温度設定をあげても快適に過ごせるので、節電にもつながりますね。
軒下は居心地の良いカフェスペースにしたり、お子様がお庭とリビングを行き来するスペースにしたりと、活用方法は様々です。
軒があるとお庭とお部屋との一体感が生まれます。四季折々の植物を庭に植え込めば、雨の日は軒先から、情緒が溢れる庭の風景を楽しむことが出来るようになります。

リクシルの「ZIMA軒プラスタイプ」があれば、都会でも古民家のように、庭と室内の一体感を楽しむことができます。さらに、夏の暑い日差しや、外壁を劣化させる雨粒からも守ってくれますよ。

冷房病や、室内で起こる熱中症にかかる前に、万全の暑さ対策を

冷房病や、室内で起こる熱中症にかかる前に、万全の暑さ対策を

夏の室内の暑さ対策を冷房だけに頼ろうとすると、冷房にあたり続けることで頭痛や肩こり、むくみなど、身体に様々な不調をきたす冷房病になってしまうリスクがあります。
冷房病を避けるために暑さを無理に我慢すると、室内にいても熱中症になってしまうことがあります。特にお子様は体温調節機能が未発達なので、大人よりも熱中症にかかりやすいので注意が必要です。大人が我慢できると思って暑さを我慢していても、お子様は体温調節が上手くできずに熱中症になってしまうことがあるので、夏は無理に暑さを我慢してはいけません。

また、部屋に強い日差しが入ってくる状態だと、冷房もあまり効果がなく、「電気代はかかるのに涼しくならない」と言う状況が生まれてしまいます。軒やシェードなど、昔ながらの知恵を活かした暑さ対策を上手に取り入れていくようにしましょう。

電気を使用しない、軒やシェードなどで窓から入る熱を防ぐ暑さ対策なら、すぐに効果を実感することができます。熱を窓際でガードするので、エアコンを入れる時間を短くしたり、エアコンの温度を高く設定しても快適に過ごすことができ、節電効果も期待できます。

熱中症は重症になると後遺症が残ってしまったり、最悪死亡してしまうケースもある恐ろしい症状です。今すぐ取り入れることができる窓際の暑さ対策で、家族の健康を守りましょう。

シェード・軒・オーニング施工事例のご紹介

大阪エクステリアで設計施工した夏の暑さ対策の実例をこちらで紹介しています。リフォーム現場はビフォーアフターを掲載しています。
ぜひ一度、ご確認ください。

シェード・軒・オーニングの施工事例はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

大阪北エリアにお住いの方はこちら 豊中営業所 営業時間9:00~17:00
フリーダイヤル0120-4128-56 一般電話06-6856-1886

大阪北エリアにお住いの方はこちら 豊中営業所 営業時間9:00~17:00
フリーダイヤル0120-4128-56
一般電話06-6856-1886


大阪南エリアにお住いの方はこちら 堺営業所 営業時間9:00~17:00 フリーダイヤル0800-200-4128 一般電話072-275-7088

大阪南エリアにお住いの方はこちら 堺営業所 営業時間9:00~17:00
フリーダイヤル0800-200-4128
一般電話072-275-7088


このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ