大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

HOME > 大阪エクステリア施工事例集 > ガーデン > ウッドデッキで安全な空間作り – 大阪府豊中市 I様邸

ウッドデッキで安全な空間作り – 大阪府豊中市 I様邸

施工前

ウッドデッキで安全な空間作り – 大阪府豊中市 I様邸の施工前

施工後

ウッドデッキで安全な空間作り – 大阪府豊中市 I様邸

お孫さんが遊びにきても安全な玄関ポーチ周りを作って欲しいとご依頼を頂きました。
I様の玄関は道路面から3縲鰀4mも地盤があがっており、法面は真砂土舗装されているだけで、小さなお子様が遊ぶにはとても危険な状態でした。
玄関ポーチの前にウッドデッキ(TOEX:樹の木3)とデッキフェンス(ラチスパネル:密目)を設置し、法面上へ施工するので、束柱はロング柱を使用し、独立基礎を埋め込み補強しました。
また、建物際はブロックを1段積み、鋳物フェンスを取り付けしました。(TOEX:カーションフェンス)色を建物と合わせるために特注色アイボリーホワイトへ変更し、既存タイル土間も一部段差解消のため、ピンコロ石にて増設しています。
階段手摺も追加延長し、ウッドデッキからの隙間をなくす為と下り始めから手摺がある状態になり、足元をご心配されておりましたI様の不安を解消することができました。お孫さんが遊びにくるのが楽しみだそうです。

施工前

施工前

既存の手摺と繋がった新しい手摺で安全を確保

既存の手摺と繋がった新しい手摺で安全を確保

施工前

施工前

ウッドデッキの束柱をロング柱に

ウッドデッキの束柱をロング柱に

施工前

施工前

法面をうまく利用してウッドデッキを広々と

法面をうまく利用してウッドデッキを広々と

このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ