大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

HOME > ブロック塀診断

ブロック塀診断

安全なブロック塀とは

何がおきても瞬時に倒れない塀です。

「瞬時には倒れない塀」とは、地震や台風などによる大きな横力を受けても、一瞬にして倒れたり飛び散ることなく、避難するための時間や空間が確保される、粘り強いブロック塀です。

ブロック塀の安全とは

診断(安全点検を行い)倒壊する恐れがあるものには転倒防止策を講じることです。

ブロック塀の診断は

ブロック塀診断カルテで簡単に行えます。

弊社ホームページ上で診断を行えます。ブロック塀をご使用の方は是非一度診断下さい。

診断のポイント


診断にあたってのアドバイス

  1. 建築後約20年経過すると、壁体内部の鉄筋にさびが認められるようになり、抵抗力が弱くなります。
  2. 建築後に高さ方向の増積みをすると、全体のバランスや鉄筋が上下につながらない等の問題が生じます。
  3. ブロック塀は自立構造物として設計されています。土圧や他の構造物からの力には抵抗できません。
  4. 擁壁や玉石積みの上のものは、基礎の抵抗力不足や落下時の衝撃などにより、危険性が高くなります。
  5. 鉄筋の有無は、感度の良い方位磁石をブロック塀に近づけたときに、針が振れることで確認できます。
  6. 耐力診断には、危険を伴うことがあります。周囲に人がいない事を確認し、必ずブロック塀を押してください。

このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ