大阪のエクステリア・造園・ガーデン・
外構・お庭のことなら大阪エクステリア.jpにお任せください

トビちゃんのお庭日記!

トビちゃんのお庭日記!

ヒガンバナ

8月28日(水)です。

北九州では、大雨による被害が、でています。

大阪でも今日の朝は台風並みの風が吹いていました。

何か梅雨が明けてから逆に雨が多いように感じます。

気温も30度そこそこ このまま秋に向って・・・

 

昔から 暑さ 寒さも 彼岸まで

と言いますが、それまでは夏らしくと思いますが

今日は、彼岸の時期の花

ヒガンバナを紹介します。

ヒガンバナ科の多年草です。土手や田の畦に生えます。

秋の彼岸のころ、高さ約30センチの花茎を伸ばし、

長い雄しべ・雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につけます。

お彼岸の季節に、田んぼのあぜ道や土手で見かけることが多いですが、

これはモグラなどが、あぜ道や土手に穴を開けるのを、

彼岸花の毒性のある球根を植えることで防ぐためだそうです。

日本人は、赤色を けばけばしい と思う感覚が、あって

真っ赤な ヒガンバナを けばけばしい花=不吉な花

と思われがちでした。

でも逆にヒガンバナは、別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」

とも言われています。サンスクリット語で天界に咲く花という意味。

おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる

という仏教の伝えも、あるんですよ!

コメント

飛佐 武

弊社は、本当に個性が強い人間の集団です。ブログの内容も各自いろいろですが全スタッフ頑張って毎日ブログを更新しています。時間がありましたら是非見てください。

Archive

このページの先頭へ

無料相談・お問い合わせ